ブログにプライベートな内容を載せることに抵抗が...。これって公私混同?

Q 会社のホームページやブログにプライベートな内容を載せることに凄く抵抗があります。公私混同だと思うのですが。

A お客のプライベートをどれだけ聞きだせるか、が家づくりの基本です。まず自分が裸にならないで、相手に裸になってもらえるでしょうか?
『会社サイト内にブログを設置しよう!』
『ブログでみんなの日常を伝えていこう!』

と私はガイドブックやメルマガでいつもお伝えしています。


が、ときおり、


『ビジネスとプライベートは切り離すべきだ!』


という考えの方からご意見を頂くことがあります。



確かに、こういう風に言われると困ります。
公私混同、という言葉もあるように、そっちの方が『正論』に思えます。


この問いに対して、先日のあなたレターセミナーで、木戸さんがとても分か
りやすい例えをされていました。それは、


『あなたが裸になろうとしないで、お客が裸になってくれるだろうか?』


これ、とっても深イイ言葉だと思います。


家づくりって、お客さんにとっては人生の一大事。その家で何十年も暮らし
ていくわけで、建築する側も最適な提案をしたいと思ってます。

しかし、ライフスタイルは人それぞれ。過ごし方だってみんな違う。


家の打ち合わせって、お客さんのプライベートにメスを入れる作業。お客さ
んにとっては、私生活を見せないといけない、勇気のいる行動です。

でも、最適な提案をするには、お客さんのプライベートや私生活を『全てさ
らけだして』もらえないと困りますよね。

で、自分たちを伝えることをせずに『あの客は要望をちゃんと教えてくれな
い』と愚痴を言うのはおかしいのではないか、と。

つまり、相手に信頼してもらい、心を許してもらうには、まず自分からオー
プンハートすべきなのではないか、と私は思います。


隣に住んでる人の顔も知らない、ってことが多い、人間関係の希薄な現代。

顔見知りの紹介だけで仕事が成り立っていた昔は必要なかった『赤の他人に
皆さんを知ってもらう作業』を行うには、自分たちの素の姿を見せるしかな
いんではないか、と私は考えています。はい。